究極のパーカーボールペン
システム手帳





ボールペンの選び方

ボールペンの購入時

新しくボールペンを購入する時に試し書き(?)をしますよね。

普通、良くやるのがグルグルグルとスプリングのような
試し書きが多いと思います。

あとは名前を書いてみたり、英語のスペルを書いてみたり
滑らかさを確認する事が多いと思いますが、これはそこそこの
お値段のボールペンでしたらそんなに変わりは無いそうです。

筆記具販売店の店員さんがおっしゃるには

鋭角な文字、絵などを書いてみて、滑らかさを比べると
違いがでてくるそうです。

文字ですとレ・ワ・カ・ウ・ク・コ・・・・など
絵ですと□・☆・△・・・・・・などのようなものを

連続して書き、滑らかさを見たり、ペン先のインクの
たれ具合を見ると良いそうです。

特に文章を長く書くのに使用する場合にはインクのたれは
特に神経を使われたほうが良いそうです。

ボールペン・インクの種類

ボールサインNXファン!

私が以前、お取引していた会社でのおはなしです。

この会社は従業員が総勢で10人くらいの小さな会社なんですが
ここから毎月、送られてくる請求書と共に必ず便箋にボールペンで書かれた、手紙が入っています。

内容は、季節の事、景気、新人、コンペ、祭事・・・・等
その時々の事を数行で書き添えてくるのです。

この手紙が、お金の請求をする「請求書」と一緒に来ることで
気持ちが和らぎ、取引先には評判が大変良かったとの事です。

この手紙を書いていたのが、事務員のA子さんで
女性にしては太く、濃い文字で以外でした。

この会社に訪問した時にお会いして、色々なお話をさせて
もらったところ、手紙を書くときに色々な種類のボールペンを
試したそうです。

最初は、細字のボールペンで書いたところ、一目みて
「ラブレター」(笑)のような雰囲気で「ボツ」。

中字、太字、毛筆、・・・トライした結果。
中字(0,5ミリ)が一番親しみがあり、会社内でも
賛成多数で、これに決めたそうです。

そのボールペンが「ボールサインNX」なんだそうです。

書き味と濃さが魅力だそうです。
濃い分、インクの減りも早いようですが、会社内では多くの
社員がこの「ボールサインNX」を使用するようになったそうです。

入学祝いのボールペン

ボールペン+シヤープ=多機能筆記具

パイロット、5種類の筆記機能を搭載した多機能筆記具
「ドクターグリップ 4+1」を発売

5種類の筆記機能を搭載した多機能筆記具

多機能筆記具
『ドクターグリップ 4(フォー)+(プラス)1(ワン)』
新発売

握りやすさを追求した独自のフォルムとシリコンラバーで
筆記時の疲れを軽減


 
株式会社パイロットコーポレーション(社長:高橋 清)では、疲れにくさと書きやすさを追求した「ドクターグリップ」
シリーズに、4色ボールペンとシャープペンシルを搭載した

多機能筆記具『ドクターグリップ 4+1(フォー プラス ワン)』(価格:1,050円/本体価格:1,000円)を2月23日(金)より発売します。

続きを読む

ボールペン・インクの種類

「トリプラス」シリーズに新色

◆ステッドラーのボールペン「トリプラス」シリーズに新色

独自インクで数日間キャップを閉め忘れても普段どおりに
書くことができるステッドラーのボールペン
「トリプラス・ゲルライナー」シリーズに新色
「メタリックパープル」が追加される。

2007年01月22日 16時48分 更新

 ステッドラージャパンは、同社のボールペン
「トリプラス・ゲルライナー」シリーズに新色
「メタリックパープル」を1月末に追加する。

価格は1本189円。

 トリプラス・ゲルライナーは、ステッドラー独自の
「ドライセーフインク」を使用しており、キャップを
閉め忘れても数日間はインクが乾かず普段どおり
書き出せるジェルインクボールペン。

三角形のボディで握りやすいのも特徴だ。
ボール径は0.7ミリ。大きさは161×9×12.5ミリで
重さは7.5グラム。

続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。