究極のパーカーボールペン
システム手帳





入学祝いのボールペン

ボールペンを置いてチョット一休み。

皆さんも、学生時代に受験勉強で日夜努力(???)をしていた頃。
肩が凝ったり首筋に張りを感じたり腕にしびれがおきるような時は
ありませんでしたか?

この原因はボールペンを握り字を書くときの強い筆圧にあったのです。

滑らないように強く握ろうとする指の動きで、腕、肩の筋肉に
負担がかかっていたのです。

それを、広島大学医学部講師(当時)の宇土博医師は
独自のデータと人間工学に基づき、軽い力で筆記ができる
ボールペンの軸の太さ、バランス、形態を設計したのです。

このボールペンに注目したパイロットが
宇土博医師の全面協力で商品化。

メディカルペン『Dr.グリップ』は誕生したのです。

グリップ(握る部分)の太さ13,8ミリ!
太軸で持ちやすく、疲れにくいです。

まだ、使った事がない方は一度お試しください。
病み付きになるかも????。


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31301495
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。