究極のパーカーボールペン
システム手帳





入学祝いのボールペン

ボールペンのメンテナンス!

ダンヒルカスタマーサービスでの

筆記用具の修理・整備の手順です。

1筆記用具を分解して個々の部品に分けます。

2部品の摩耗箇所を点検し、必要に応じて交換します。

3キャップと胴軸ケースは、超音波洗浄器で細部に至るまで
 洗浄します。

4キャップと胴軸ケースを乾燥後、オイルを塗布して元のとおりに
 部品を組み立てます。

5ボールペンはリフィルを交換し、シャープペンは芯と消しゴムを
 交換します。

筆記用具の点検の手順

1キャップはポケットに入れたときに胴軸にしっかりと固定されて
 いるか点検します。

2クリップはしっかりとはさめるか、また歪みがないか、
 点検します。

3ペン先の出し入れを繰り返し行い、正しく作動するか
 確認します。

4ボールペンとローラーボールペンのリフィルのインクは、
 線幅と色を確認します。

5最後に柔らかい磨き専用布で本体を拭きます。

6筆記具を、専用のポーチに収めます。

 完了です。

ダンヒル ボールペンをお持ちの方はこの機会に一度メンテナンスを
お受けになられたらいかがですか?

私はダンヒルのライター(今は箪笥の中)は持っているのですが
ダンヒルのボールペンは・・・・・・・です。残念!

他メーカーのボールペンでもメンテナンスの方法に大きな違いは
無いと思いますよ。

私はダメです。

学生時代に分解まではできても再生ができずに多くの
ボールペン達を墓場送りにしてしまった
苦い経験の持ち主ですから・・・。


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31302359
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。