究極のパーカーボールペン
システム手帳





ブランド・ボールペン

<ラミー>ボールペンとは?

☆ <ラミー>4色ボールペンの歴史 ☆

ラミー社は1930年、C.ジョセフ・ラミー氏によってドイツは
ハイデルベルグに設立されたドイツ国内でも有数の
国際的製造業者の1つです。

1952年にはラミーの商標が登録され、市場に初めて
ラミーの筆記用具が登場する。

ラミーはその高度な技術と品質を維持するために、開発および
生産のあらゆる行程は自社で全て完結させることを
モットーとしています。

また、ラミーの特徴として、開発する商品をそれぞれに
専属デザイナーが担当することで独創性を持たせている。

それによって生み出される製品にはそれ自体はもちろんのこと
消耗品、パッケージに至るまでトータルに秀逸なデザインが
なされていることがあげられます。

そのラミー社を代表するデザイナー、バウハウス出身の
ゲルト・ハルト・ミュラーのデザインによるこのペンは
1966年に発表された名作です。

当時、34年後の2000年までモデルチェンジしないと
宣言され、「2000」シリーズと名付けられたこのペンは

実際40年近く経った現在でもそのデザインを変えず
ロングセラーとなっています。

一見して木の感触そっくりな艶消しブラックのシンプルな
ボディはABS樹脂で握りやすく、長時間の筆記でも

疲れにくい太めの軸はその継ぎ目がわからないほど表面を
手作業で丁寧に磨き上げてあります。

ノックや口金などの金属パーツにも艶消し加工が施されてあり
落ち着きのある高級感が漂います。

そのヘアライン加工を施した繊細なボディは、滑らかな
書き味はもちろんのこと、独自の振り子のメカニズムを用いた
4色ボールペンを内蔵し、黒・赤・青・緑の目印を上に向けて

ノックすればその色のペン芯が出てくるという機能を備え
シーンを選ばず重宝する逸品となっています。

一般のペンよりも色が濃い目のインクも印象的。

もちろんほかの色に変えて自分だけの4色の組み合わせで
使用することも可能です。

独創的ながら、決して奇をてらわないトータルに秀逸なデザイン。

実用的な道具としての筆記具、そしてファッションの一部としても
通用するクオリティ、これこそがラミーのこだわりなのです。

普段使うものだからこそ個性を主張したい、そんな方に
持っていただきたい逸品です。

さすが、ドイツですね。
物造りに徹する国民性がよくでています。

私も車が好きで世界各国の車を乗ってきましたが
ドイツ車に関しても技術者のここはと言う部分は徹底して

創ってあり、どこかの国のようにコスト、コスト・・・
等の考え方ではありませんね。

いいものは大事に長く!・・・ヨーロッパ的な考え方。
安く大量に作って使い捨て!・・・・・アジア的な考え方。
となるのでしょうか?

どちらが正しいのか?

時の過ぎ行くのを待たないと、時代がだす答えは見つからない。




           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。