究極のパーカーボールペン
システム手帳





ボールペンの使い方

英語の世界を作る為の4色ボールペン

◆英語の文章を読んでいるとき

自分の本を読んでいるときには、本にマークをつけるために
四色ボールペンを使う。
(ボールペンは和製英語。英語では ball-point pen。)

気分的に本に書き込みができない人は、それだけで勉強に
関しては不利な位置にいる。

ちなみに四色ボールペンは私の必須アイテム。
300円ぐらいで買える四色ボールペンのグリップの太さが、

グリップの太さを売りにして1500円ぐらいで売っている
ボールペンとほぼ同じだと知ってる人はあまりいないかな。

読書時の四色ボールペンの使い方は齋藤孝:「読書力」に書いてある。

四色ボールペンは普通に使うと黒、赤、青、緑の順になくなるが、
読書力方式+以下でちょっと説明するマークで使うと、かなり
まんべんなく減るようになる。

知らない単語に出会ったら
私は緑でその単語に小さな丸を軽くつける。
複数の語から成るいい回しの場合には軽く下線を引く。

「英語に関するメモ」さんより引用


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。