究極のパーカーボールペン
システム手帳





ボールペンの使い方

三色ボールペン情報活用術

齋藤孝さんの三色ボールペン情報活用術


世の中、情報が溢れていてすべてをチェックするのは不可能。

どれが自分にとって必要で、価値のある情報なのかを探すだけでも
大変タイヘン。

ましてや、効率よく自分に取り込み、使えるように
するのは神業です。

この本は、そんな情報というものと、どのように関わって
ゆけばいいかを具体的に示してくれているとてもわかりやすい
ノウハウ集です。

いろいろと場面に分けて解説されているのですが、
一番重要なことは色をつけること。

タイトルにもあるように三色ボールペンを使うのですが、
この三色は黒・赤・青ではなく、赤・青・緑。このスキルの
ためにパイロット社から市販されているようです。

手に入らないようであれば四色ボールペンを使うか、
それを三色に改造するかでOKです。

どのように分けるかというと

・・・客観的に見て、最も重要な箇所

・・・客観的に見て、まぁ重要な箇所

・・・主観的に見て、自分がおもしろいと感じたり、
    興味を抱いたりした箇所

というように、文章に線を引いたり、キーワードをまるで
囲ったりしていくわけです。

絶対的な決まり事があるわけではなく、自分が思ったように
サッサッと引いていくのがコツのようです。

はじめのうちはうまくゆかなくても、続けていくうちに
“熟練”していくとのこと。

試しにいろいろな文章に線を引いてみました。
びっくりするくらいフィールグッド!です。

いままで、何度読んでもちんぷんかんぷんだった
難しい内容の文章も、何を言いたいのかがわかっちゃいました。
三色ボールペン恐るべし。

著者はどんなタイプの文章もこの方法で読んで
いらっしゃるとのことですが、僕の場合は論文や資料、
難しい文章に向いているようです。

小説とか物語は気ままに読んだ方が楽しめました。


もう一つ参考になったのが、手帳の使い方。
三色で予定表をつけると情報がグッと浮き出て
わかりやすくなります。

赤は最重要青は次に重要緑はプライベート
これだけで、どの項目に注意すればいいのか、パッと
見ただけでわかります。


           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31654188
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。