究極のパーカーボールペン
システム手帳





ボールペンの使い方

三色ボールペン情報活用術

齋藤孝さんの三色ボールペン情報活用術


世の中、情報が溢れていてすべてをチェックするのは不可能。

どれが自分にとって必要で、価値のある情報なのかを探すだけでも
大変タイヘン。

ましてや、効率よく自分に取り込み、使えるように
するのは神業です。

この本は、そんな情報というものと、どのように関わって
ゆけばいいかを具体的に示してくれているとてもわかりやすい
ノウハウ集です。

いろいろと場面に分けて解説されているのですが、
一番重要なことは色をつけること。

タイトルにもあるように三色ボールペンを使うのですが、
この三色は黒・赤・青ではなく、赤・青・緑。このスキルの
ためにパイロット社から市販されているようです。

手に入らないようであれば四色ボールペンを使うか、
それを三色に改造するかでOKです。

どのように分けるかというと

・・・客観的に見て、最も重要な箇所

・・・客観的に見て、まぁ重要な箇所

・・・主観的に見て、自分がおもしろいと感じたり、
    興味を抱いたりした箇所

というように、文章に線を引いたり、キーワードをまるで
囲ったりしていくわけです。

絶対的な決まり事があるわけではなく、自分が思ったように
サッサッと引いていくのがコツのようです。

はじめのうちはうまくゆかなくても、続けていくうちに
“熟練”していくとのこと。

試しにいろいろな文章に線を引いてみました。
びっくりするくらいフィールグッド!です。

いままで、何度読んでもちんぷんかんぷんだった
難しい内容の文章も、何を言いたいのかがわかっちゃいました。
三色ボールペン恐るべし。

著者はどんなタイプの文章もこの方法で読んで
いらっしゃるとのことですが、僕の場合は論文や資料、
難しい文章に向いているようです。

小説とか物語は気ままに読んだ方が楽しめました。


もう一つ参考になったのが、手帳の使い方。
三色で予定表をつけると情報がグッと浮き出て
わかりやすくなります。

赤は最重要青は次に重要緑はプライベート
これだけで、どの項目に注意すればいいのか、パッと
見ただけでわかります。

ボールペンの使い方

ボールペンでのライン引き!

受験勉強で明け暮れていた頃、教科書、参考書、辞書など
真新しい本にボールペンで線を引き、汚す事に対しての
ためらいが、どこかに有り、はじめは勇気が入りました。

しかし、最初の赤い1本のラインを引いてしまえばあとは勢いで
どんどん増えていきました。(笑)

最初の内は大事なところへラインを引いていたのですが、いつの間にか
初めて出会う、言葉、数字、単語、・・・と徐々にラインを引く箇所が
増えて開いたページが赤いラインだらけ!

これでは意味がないと青色が入り、緑が入り3色フルに
使うようになりました。

おかげで(?)カラフルなページにはなりましたが、ラインの意味を
なさなくなり、かえって見難くなりました。

それからは
赤色ライン・・・最重要

青色ライン・・・重要

緑色ライン・・・気にかける程度

に分けるようにしました。

その結果ページはすっきりし、ラインの数も減り見た目も
良くなり暗記する部分もページを開いただけで目に入るように
なりました。

人によって分け方には個性があると思いますが、還暦になり
読むことが段々苦痛になってきましたのでこのライン引きをして
飛び読みをする事が今、私には一番あっていると思います。

ボールペンの使い方

書き直し可能なボールペン!

ボールペンで描いた文字・絵など基本的には書き直しはできません
・・・でした。

しかし消す事ができるボールペンが世の中に出てきました。
便利です!鉛筆の文字と同じように、消しゴムで、消し
書き直しができるのです。

以前、私が住んでいる地域の地方新聞にこのボールペンを
「悪用」しての犯罪が取り上げられておりました。

このボールペンを使用して車の登録時に書く書類に記入し
検査が終わった時点で書類を改ざんしたとの事です。

いつも思うのは何か新しい事(発明、発見・・・)などが
あると、必ず、それを「悪用」する者がでてくる。
そして取り締まり→規制される。

パターンになるのですね。

何事にも表と裏があるということでしょうか?
今現在は、「消せるボールペン」は売られてないのかな?

他にも古いですけど事件の記事がありました。

消えるボールペン使い、銀行の払戻請求書を偽造、2億円詐取

-不動産会社社長ら逮捕-
-引用:毎日新聞:2005/11/10-


消しゴムで文字が消えるボールペンを使って、マンションの
管理費約1300万円をだまし取ったとして、

警察は川崎市内の不動産会社社長と取締役を、
詐欺と有印私文書変造同行使の疑いで逮捕した。

20数カ所のマンション管理組合から計2億円を詐取、
横領したとみられる。

容疑者らは共謀して、 ボールペンで1000円台の数字を
あらかじめ書き込んだ同組合の払戻請求書を用意。

組合の理事長に、

『間違って会社から管理組合の口座に入金してしまった』と
うそを言って銀行印を押してもらい、その後『¥』の部分を
消しゴムで消し、数字を書き加えて900万円台の払戻請求書に
変造していた。




ボールペンの使い方

ボールペンのノック音

ボールペンの音?

ノック式の芯の出し入れ時の「カチ、カチ」と言う音の事です。
事務机に座り考え事をしている時、無意識の内に「カチ、カチ」と
やっていませんか?(笑)

電話でのお話中に「カチ、カチ」「カチ、カチ」「カチ、カチ」。
本人はきずいていません、無意識なんです。

でも隣でお仕事中の貴方、イライラするでしょう。
意外と耳障りな音なのです「カチ、カチ」は!

私も昔学生の頃勉強(?)の為図書館へ通っていた時が
ありました。

その時にもいたのです。
本を読みながら片手にボールペンを持ってリズムを取るかのように
「カチ、カチ」「カチ、カチ」「カチ、カチ」やっているのです。

静寂な空間で本のめくる音しか無いこの神聖な図書館内に
「カチ、カチ」「カチ、カチ」「カチ、カチ」と響き渡って
いるのです。

周りの学生達が振り向いてその学生とボールペンに視線が
集まるのですが、本人は一向に気がつきません。

無意識な行動なんですね。

ひとりの学生が、図書館の係員に状況を告げたみたいで係員が来て
その学生に静かにするよう注意をしていました。
学生は謝ってその後、静寂は戻ってきました。

しかし30分もすると再び「カチ、カチ」「カチ、カチ」と
聞こえてきたのです。

再度、係員が注意をし、ボールペンを取り上げて持っていって
しまいました。
その後その学生はボールペンの音がないと集中できないのかすぐに
図書館を出て行ってしまいました。

無意識の動作が周りに対して迷惑を掛けている典型的な例ですね。

本人の単なる癖なのですが、この「カチ、カチ」音がないと
集中できないようではこの学生さんは試験中は
どうするのでしょうか?

人事ながら心配になりました。
ノック式のボールペンをやめて、キャップ式に変えたかも?

貴方もこのような癖があるとしたら、早めにボールペンの
種類を変えて矯正しましょうね。

ボールペンは正しく使いましょう。

ボールペンの使い方

英語の世界を作る為の4色ボールペン

◆英語の文章を読んでいるとき

自分の本を読んでいるときには、本にマークをつけるために
四色ボールペンを使う。
(ボールペンは和製英語。英語では ball-point pen。)

気分的に本に書き込みができない人は、それだけで勉強に
関しては不利な位置にいる。

ちなみに四色ボールペンは私の必須アイテム。
300円ぐらいで買える四色ボールペンのグリップの太さが、

グリップの太さを売りにして1500円ぐらいで売っている
ボールペンとほぼ同じだと知ってる人はあまりいないかな。

読書時の四色ボールペンの使い方は齋藤孝:「読書力」に書いてある。

四色ボールペンは普通に使うと黒、赤、青、緑の順になくなるが、
読書力方式+以下でちょっと説明するマークで使うと、かなり
まんべんなく減るようになる。

知らない単語に出会ったら
私は緑でその単語に小さな丸を軽くつける。
複数の語から成るいい回しの場合には軽く下線を引く。

「英語に関するメモ」さんより引用

ボールペンの使い方

三色ボールペンの使い方

(客観重要)…「まあ大事」というところに引く。

自分の主観というよりは、誰が見てもある程度大事であろう
というところに気楽な気持ちで引く。

多く引きすぎても構わない。後から青の部分を読めば、
あらすじや要約になっているという引き方をする。


(客観最重要)…客観的に見て「すごく大事」と思った
         ところに引く。

自分の独りよがりではなく、誰が見てもここが最重要であろう
という筒所に引く。

全文を読む余裕がない人にも、その赤線部だけを見せれば
文章の主旨が伝わる、という筒所に引く。

赤は青とは違って、むやみに多く引くと「限定」の意味が
少なくなるので、絞り込むようにする。

青の上に重ね引きしても構わない。


(主観大切)…自分が勝手に「おもしろい」と
        感じたところに引く。

文章の客観的な要約とはまったく無関係に、自分の好みで
おもしろいと思ったり引っかかりを感じたところに自由に引く。

完全に自分の好みや関心が基準となるので、
正解不正解はもちろんない。

気楽に引くことができるので、読み進める場合は、
緑を軸にして引くのもやりやすい。

話の本筋ではないがおもしろいところや、他の人が
引きそうもないところに引くのがコツ。

青、赤と重ね引きしても構わない。

論理的に重要かどうかという観点から一度はなれてみると
緑がおもしろくなる。

論理より感覚優先で引くと、青・赤にはない味が出る。

「三色ボールペンで読む日本語」(角川書店)より引用

ボールペンの使い方

ボールペンの構造

kakudai.gif「ボールペンのしくみ」
ペン先について

ボールペンのペン先(チップ)は、機械式の腕時計の部品と同様の精密加工機によって、ミクロン単位の加工精度で仕上げられています。特にボールとボール保持部のスキ間はごく微小。このチップの加工精度から、ムラのない描線となめらかな書き味は生まれるのです。
 金属でできていて一見丈夫そうに見えるチップは、このようにとてもデリケート。ペン先で物を突いたり穴を開けたりといった乱暴な使い方や、ペン先側から硬い所に落下させると変形し、ボールが回転出来ずインクが出なくなったり、逆にインクが出過ぎるようになったりします。



書く仕組みについて

60_90.gif ボールペンは回転するボールの表面にインクが付着、それを紙に転写することによって書ける仕組みになっています。チップ内部には、ボールを受ける受座があります。この受座はボールの丸みに合わせており、なめらかな回転が得られるようになっています。したがって、いつまでも快適な書き味を持続するためには、筆記時にボールにかかる力を受座が正しく支えられるような筆記角度、すなわち60度〜90度で筆記するのが理想的です。
 また、あまり寝かせて書くと、ボール保持部のカシメが紙面に当たってかすれたり、磨耗しボールがとび出す原因にもなります。このような書き方は避けてください。


「ゼブラ」お客様相談室 資料より

 

ボールペンの使い方

仕事に生かす4色ボールペンの使い方

僕が仕事をやる上で4色ボールペンは絶対に外せない要素。

4色ボールペンが無いとかなり不便してしまうので常に使えるように、
自宅の机の引出に1本、仕事場の机に1本、かばんにも1本と3本を
常備している。

かれこれ5年以上ずっと実践している方法、
というか自然にできあがった仕事うまくやる為の自分流
4色ボールペンの使い方。

1.スケジュール帳・予定表

スケジュール帳や予定表には、日時が特定されるイベントを
書くようにしている。

大きく分けると黒赤は仕事、青緑はプライベートの予定の色。

こうやって色分けすることでスケジュール帳を見開いた時に
忙しい週や、少しトーンを落としてリフレッシュする週が
視覚的に捉えられてすごくいい。

 黒:仕事の予定・・・プロジェクトの打合せや特定の日時にする作業
 :重要な仕事の予定・・・社外での打合せやパワーのいる作業
 :自分や友達との予定・・・友達との飲み会や帰り本屋に寄るとか
 :嫁との予定・・・休日や帰宅後に嫁と過ごす予定

仕事を詰め込みすぎだなと思ったら青、緑を増やすようにする。
そうすることで自己管理をできるように心がけている。
(まぁ元々あんまり体が強くないのできっちり自己管理できて
いるとは言いがたいけど。。。)

ひとつ注意していることがあって、スケジュール帳には
作業に関連するメモなどは決して書かないようにしている。

メモレベルまで書いてしまうとごちゃごちゃして視覚的に
予定が捉えにくくなってしまう。

2.タスク

タスクは付箋にメモしてボードに張ったりノートにリスト化して
管理している。

付箋はすぐには手をつけないが忘れてはいけないタスクを記入、
ノートは一日一ページを割り当てて今日やることリストとして
記入する。

ノートに書いてあることをぜんぶこなせば家に帰れる。

 黒:普段やる通常のタスク
 :パワーのいるタスクやリスクの高いタスク、緊急を要するタスク
 :改善タスク、仕事として与えられていないが効率化の為のツール作成など
 :自主的に楽しんでやるタスク、勉強、期限がないタスク

ノートが毎日真っ赤だと明らかに効率の悪い作業ばかりをしている
ことがわかる。

そういうときは青を増やして作業を効率化してタスクの色を
赤から黒に落とせるように持っていく。

どうしても気がのらないときや仕事に集中できないときもある。
そういうときは思い切って緑を増やして無駄に一日を過ごさない
ようにする。

3.会議メモ

会議や打合せの時にとったメモは走り書きになったり、
量が膨大になったりして後から見たときよくわからなくなって
しまっていることが多い。

メモの種類に応じて色を分けてやることで、後から見直したときに
容易に思い出せるようになる。

 黒:普通のメモ
 :重要なメモ
 :あとで自分で考えるためのメモ、自分がやらないといけないこと
 :参考的なメモ、チームのメンバーや他の人がやってくれること

会議が終わったあとに一番ひっかかるのが、会議で決まったことに
対して結局の自分やチームのメンバーが何をやるかわからなくなって
しまうことがある。

議事録を作っても「あれ?○○さんがやってくれると思ってたのに」
っていうケースでけっこうな失敗をしてたりする。

まとめ

どの分野でも黒と赤には使役を青と緑には自主的な事柄に
関連付けている。

こうやって色分けをすることで何がうれしいかというと
状態を視覚的にとらえ、今後の方針を見直しバランスを
とることができる。

またボールペンの各色の減り具合も参考になる。

特定の色が極端に減っている場合、何かしら偏った行動をしている
ということになる。

たとえば赤ばかり減るようでは窮屈でいけないし、青や緑ばかり
減るようではご飯を食べていけない(笑)

要は日々気持ちよく仕事をするにはバランスが重要で、
嫌な仕事、好きな仕事、辛い仕事、楽な仕事など適度にまぜないと
いけない。

楽な仕事ばかりでは飽きてしまうし、辛い仕事ばかりでは
投げ出したくなってしまう。

SHCafe さんの「日々の暮らしとソフトウェア開発に関する話題」

ブログより


スゴイですね!
私なんか4色ボールペンの購入目的は「4色あって綺麗だな」ぐらいの
発想しかありませんでした。

文章を読んでいて、アンダーラインを引いたりする程度の色替えで
その時の気分しだいで4色を変えていました。

書棚の本を取り出して、開いてみましたら、色々な色を使って
アンダーラインや、文を囲んでいて見た目がカラフルなだけで
色分けに何の脈絡もありません。(笑)

今回は良い勉強をさせてもらいました。
今後に活かしたいと思います。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。