究極のパーカーボールペン
システム手帳





ボールペン・インクの種類

ボールペンの種類

☆ボールペンの種類と特徴☆

[油性ボールペン]

手軽で実用性の高いボールペン。
揮発・乾燥に強い、書いた文字が変質しにくい、筆記距離が長い、
複写伝票に最適、などの特長があります。

水性に比べると、やや書き味が重くなります。

[水性ボールペン]

なめらかで、濃くクリアな文字を、軽い筆圧で書くことができます。
インキが紙に浸透し筆跡となる為、油性に比べるとにじみやすい
という特徴もあります。

複写伝票には向きません。

[ゲルインキボールペン]

油性インキと水性インキの長所を併せ持つ,ゲル状のインキを
使用したボールペンです。

なめらかで、濃くクリアな文字を、軽い筆圧で書くことができ、
にじみもすくないという特徴を持ちます。

「パイロットお客様相談室より引用」

☆ボールペンの材質の種類☆

・PP(ポリプロピレン)
・AS樹脂
・ポリスチレン
・アルミ
・ポリカーボネット
・ステンレス
・スチール
・紙管ボールペン(再生紙使用)
・真鍮クロームプレート
・プラスチック
・プレキシグラス(高級な樹脂)
・真鍮
・ピュアモルト(木製)
 森で生まれて百年、ウイスキーを育んで五十年、
 ホワイトオークの森材としての生命は数百年!
 百年素材、樽からペンに生まれ変わった商品です。
・木軸ボールペン(鉛筆タッチ)
・金・銀などの貴金属(工芸品などに)
 等があります。

☆ボールペンの価格☆

ボールペンの価格は安いものは1本26円からあります。

高い高級品は1本1,575,000円も!します。!!!

ご存知でしたか?

ボールペン1本が1,575,000円もするなんて!!!

ご覧になるには「ボールペンの価格一覧」をクリックして
「価格が安い」・「価格が高い」をクリックしてご覧ください。

ボールペンの価格一覧

ボールペン・インクの種類

ボールサインNXファン!

私が以前、お取引していた会社でのおはなしです。

この会社は従業員が総勢で10人くらいの小さな会社なんですが
ここから毎月、送られてくる請求書と共に必ず便箋にボールペンで書かれた、手紙が入っています。

内容は、季節の事、景気、新人、コンペ、祭事・・・・等
その時々の事を数行で書き添えてくるのです。

この手紙が、お金の請求をする「請求書」と一緒に来ることで
気持ちが和らぎ、取引先には評判が大変良かったとの事です。

この手紙を書いていたのが、事務員のA子さんで
女性にしては太く、濃い文字で以外でした。

この会社に訪問した時にお会いして、色々なお話をさせて
もらったところ、手紙を書くときに色々な種類のボールペンを
試したそうです。

最初は、細字のボールペンで書いたところ、一目みて
「ラブレター」(笑)のような雰囲気で「ボツ」。

中字、太字、毛筆、・・・トライした結果。
中字(0,5ミリ)が一番親しみがあり、会社内でも
賛成多数で、これに決めたそうです。

そのボールペンが「ボールサインNX」なんだそうです。

書き味と濃さが魅力だそうです。
濃い分、インクの減りも早いようですが、会社内では多くの
社員がこの「ボールサインNX」を使用するようになったそうです。

ボールペン・インクの種類

「トリプラス」シリーズに新色

◆ステッドラーのボールペン「トリプラス」シリーズに新色

独自インクで数日間キャップを閉め忘れても普段どおりに
書くことができるステッドラーのボールペン
「トリプラス・ゲルライナー」シリーズに新色
「メタリックパープル」が追加される。

2007年01月22日 16時48分 更新

 ステッドラージャパンは、同社のボールペン
「トリプラス・ゲルライナー」シリーズに新色
「メタリックパープル」を1月末に追加する。

価格は1本189円。

 トリプラス・ゲルライナーは、ステッドラー独自の
「ドライセーフインク」を使用しており、キャップを
閉め忘れても数日間はインクが乾かず普段どおり
書き出せるジェルインクボールペン。

三角形のボディで握りやすいのも特徴だ。
ボール径は0.7ミリ。大きさは161×9×12.5ミリで
重さは7.5グラム。

続きを読む

ボールペン・インクの種類

インクの種類

インクの種類は3種類。

☆水性インクの特徴

なめらかに書ける。濃くクリアーな文字が軽い筆圧で書ける。
筆跡が鮮明。色調が鮮やか。ボテが無いことで人気です。

短所としては、インキは紙に浸透して筆跡となるため油性に
比べてインキ消費量が多くにじみやすい。
複写に向かない、などがあります。


☆油性インクの特徴

揮発、乾燥に強い。耐久性があり、書いた字が変質しにくい。
スピーディーな筆記ができる筆記距離が長い。
速記、複写伝票には欠かせない。
など手軽で実用性の高いボールペンです。

短所としては、ボテが出る、水性に比べるとやや書き味が重い。


☆ゲルインクの特徴

従来の油性ボールペンとも水性ボールペンとも異なり、
その長所を併せ持つ。

にじみが少なく、ソフトなタッチで、なめらかに濃く
クリアーな文字が書ける。

筆跡は経時変化に強く、インキ残量が目で確認でき書き出しが
スムーズで最後まで薄くならずに書ける。

短所としては、速記等には不向。

ボールペン・インクの種類

ボールペン・インクの種類


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。